健康 子育て

寝かしつけ時の寝落ち対策におススメ!スマートウォッチ「HUAWEI Band 6」

子供の寝かしつけって、しんどいですよね。

何がしんどいって、一緒に寝落ちしてそのまま寝てしまうこと…

まだまだ、やることいっぱいあるんですけど~!!

 

こんな時に役立つのが、スマホではなく、スマートウォッチ。

腕に HUAWEI Band 6 をつけて寝かしつけに行くと…

やっと寝てくれた子供を起こさずに、自分だけスクっと起きることができるんです♪

記事を読んでわかること

  • HUAWEI Band 6 何ができるの?
  • 寝かしつけ時、こんな風に使うと便利
  • スマホのアラームとは何が違うの?
  • 他にもこんなシーンで便利!
  • 最新のHUAWEI Band 7 との違いは?

寝落ちに悩んでいる方、必見です ^ ^

週末限定タイムセール中!

HUAWEI 公式サイトへ

※数量限定タイムセール、要チェックです。

HUAWEI Band 6 何ができるの?

HUAWEI Band 6は、手持ちのスマホとBluetooth接続することで、さまざまな機能を使えるスマートウォッチ。

スマートウォッチの中では価格が安く、エントリーモデルに属しています。

HUAWEI Band 6 できること

  • タッチスクリーンでの操作
  • 着信やLINE、メールの通知、確認
  • カレンダーの予定を通知
  • 睡眠モニタリング機能
  • 24時間心拍数モニタリング機能
  • 24時間血中酸素レベル測定
  • ストレスモニタリング
  • タイマー・アラーム・ストップウォッチ

Apple Watchなどのハイエンドモデルとは違いますが、エントリーモデルの中でもかなり多くの事ができるのでスマートウォッチデビューにはもってこいなんです。

上の機能のほかにも、以下の特徴があります。

ポイント

  • 選べる4つのカラーバリエーション
  • 通常使用で2週間持続する強力バッテリー
  • 5気圧防水
  • 加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー
  • 月経周期の管理
  • 最大96種類のワークアウトモード

正直言うと、機能がたくさんありすぎて…2カ月が経過した今も全ては使い切れてません(笑)

それでも子育てがかなりラクに、生活がスムーズになりました♡

 

HUAWEI STORE

寝かしつけ時、こんな風に使います

スマホに着信やメールが届くと、バイブでお知らせしてくれる HUAWEI Band 6。

だけど、寝かしつけの時間に通知は不要ですよね。

そのため、子供たちを寝かしつけする前に HUAWEI Band 6 の設定をします。

  1. 「通知の鳴動制限を有効」に設定する
  2. 「アラーム」の時刻をセットする
  3. いざ!寝かしつけへ

流れを詳しく見ていきますね。

 

1.「通知の鳴動制限を有効(ON)」に設定する

「通知の鳴動」とは、スマホに着信やメールが届いた時にバイブで教えてくれること。

「通知の鳴動制限を有効(ON)にする」とは「バイブで通知する機能をオフにする」ということです。

HUAWEI Band 6 では「通知の鳴動制限」が

  • 「終日」 ONまたはOFF
  • 「時間帯指定」 ONまたはOFF

と2パターンあるので、都合に合わせて使い分けることができます。

 

2.「アラーム」の時刻をセットする

「通知の鳴動制限を有効(ON)」に設定していても、アラームはバイブで知らせてくれます。

最低、この時間には起きたい!という時間にアラームをセットします。

 

3.いざ!寝かしつけへ

これだけ準備をしたら大丈夫。

安心して寝かしつけヘ挑めます(笑)

 

寝かしつけ時、我が家の場合

「通知の鳴動制限を有効」に設定する

三日月マークが「通知の鳴動制限」

わたしは普段、通知の鳴動制限を

  • 夜9時に有効(ON)に
  • 朝7時に無効(OFF)に

なるように「時間帯指定」で設定しています。

そのため、夜の9時から朝の7時までは、アラーム以外でバイブが鳴りません

時間帯指定は、一度設定すれば変更するまで毎日ノータッチで動いてくれてとても便利です。

 

その上で、自分が指定している時間以外にも通知が不要な時は「終日有効(ON)」にします。

しかしわたしの場合、終日ONにした後ついついOFFにするのを忘れて、ずっとバイブが鳴らない…なんてことが多々あります…(笑)

 

「アラーム」の時刻をセットする

わが家の寝かしつけは、だいたい夜9時過ぎから。

寝室に向かう前に、忘れずに「アラーム」の時刻を設定します。

寝かしつけの時間は長くて30分ほどなので、余裕を持って40分後にアラームをかけます。

 

いざ!寝かしつけへ

準備が整いました!いざ、寝かしつけです。

HUAWEI Band 6 が忘れずに40分後にバイブで起こしてくれるので、安心して子供たちを寝かし付けることができます

実際にわたしが寝てしまうことは稀ですが…もしここでガッツリ寝てしまったら一大事なので(まだまだ家事が盛りだくさん…)本当に助かっています♡

 

スマホではなく、スマートウォッチな理由

ここで!スマホのアラームではなく、なぜスマートウォッチなのか?

スマホでも音を出さずに、バイブでアラームが設定できますよね。

しかしスマホは、スマートウォッチとは違い、身体にピッタリフィットしていません。

そのため寝かしつけをしている間に、どこかへ行ってしまう場合もあります。

最悪の場合、せっかく寝てくれたばかりの子供の体の下にある…なんてことも。

ひぃ~!起こさないでぇ~、お願い!

スマートウォッチ HUAWEI Band 6 なら、自分の腕だけでブルブルと振動し教えてくれます。

寝たばかりの子供たちを起こさずに、自分だけそぉっ~と寝室から抜け出すことが可能です♪

この機能に救われるパパやママは多いはず!

 

HUAWEI 公式サイトへ

HUAWEI Band 6 他にもこんなシーンで便利

こんなシーンで便利です

  • 病院や図書館でマナーモードの時
  • スケジュールがパンパン!覚えきらない
  • 子供の髪をドライヤーで乾かす時
  • 自分だけ静かに早起きしたい時
  • スマホが見当たらない時

どのシーンでも本当に役立ってくれるので、毎日ガチで助かってます♡

HUAWEI Band 6 の性能や見た目、便利さを考えると「もう少し高くてもいいのでは?」と思えるコスパの高さ。

詳しくはコチラのレビュー記事で↓↓

子育てが便利になるスマートウォッチ「HUAWEI Band 6」体験レビュー

 

上の記事を書いたあとに便利だと思ったのが「スマホが見当たらない時

HUAWEI Band 6 に「自分のスマホを鳴らす」ボタンがあり、それをタップするとかなりの大音量で「I'm here」と鳴る※ので、居場所がわかります。

本当に、かなりの大音量なので…わたしがスマホを探すために鳴らすと子供たちが面白がって「I'm here」の大合唱です(笑)

※スマホとのBluetooth接続が切れるような距離だと、おそらく探せないと思います。

 

HUAWEI STORE

HUAWEI Band 7 と HUAWEI Band 6 の違いは?

HUAWEI Band 6 には、その最新版である HUAWEI Band 7 がすでに発売されています。

こちらの表では、2商品の違う点だけ比較しています。

 

スペック比較

HUAWEI Band 7 HUAWEI Band 6
カラー

ウィルダネスグリーン,フレイムレッド,グラファイトブラック,ネビュラピンク

グラファイトブラック,フォレストグリーン,アンバーサンライズ,サクラピンク

サイズ 縦44.35 x 横26 x 厚さ9.99 mm(最薄部) 縦43 x 横25.4 x 厚さ10.99 mm(最薄部)
質量 約16 g(ベルトを含まず) 約18 g(ベルトを含まず)
AOD あり なし
Amazon価格 7,164円(税込) 6,091円(税込)
公式サイト 8,580円(税込) 8,580円(税込)

※2022.8.29時点の価格です。

さらに薄く、軽く進化

HUAWEI Band 7 を HUAWEI Band 6と比べると、厚さが約1 mm、重さが約2 g減っています。

さらに薄く、軽いデザインに進化しています。

 

カラーバリエーションにも変化が

少し変化があったのが、カラーバリエーション。

「アンバーサンライズ」というオレンジっぽい色がなくなり、新たに「フレイムレッド」が加わりました

パキッとキレイな赤で、カッコいいです。

 

AOD(Always On Display)

わたしが注目していた機能が、AOD(Always On Display)文字盤の常時点灯

長年愛用しているスマホ Galaxy Note 9 をAODの状態で使用し、とても気に入っています♡

アナログ時計を表示して、プランク※をする時に時間チェックに使うと便利なんです。

※体幹トレーニングの一種です

このように文字盤が常時点灯してくれると、他のシーンでも何かと便利なんですが…

「AODにしたら3日しかバッテリーが持たなかった」という口コミもありました。

HUAWEI Band 6 のメリットである「最長2週間のロングバッテリー」を重視するなら、

「必要な時だけONにする」など工夫して使い、バッテリー節約がおススメです。

 

価格も違います

HUAWEI Band 6 と HUAWEI Band 7 はAmazonでも購入できます。

型落ちの HUAWEI Band 6 のほうが最新の HUAWEI Band 7 より安く販売されています。

価格の変動が結構あるので、購入前に要チェックです。

 

公式サイトの販売価格は、HUAWEI Band 6 と HUAWEI Band 7 ともに 8,580円(税込)。

しかし型落ちの HUAWEI Band 6 は、週末限定セールなどでとっても安く買える時があるので、こちらも要チェックです!

 

HUAWEI 公式サイトへ

HUAWEI band 6 は寝落ち対策におススメ! まとめ

実を言うと…我が家の寝かしつけは、ほとんど夫の仕事でした。

疲れて帰ってきて、子供たちの寝かしつけをしてくれるだけで感謝感謝!ですが…

躊躇なく、寝落ちしてしまうんですよね(笑)

1時間寝たあとにシャワー、食事と済ませて、またすんなり眠れるなんてうらやましい…

 

最近は夫の仕事が忙しくて、わたしが寝かしつけをすることが増えたんですが…

わたしの場合、少しでも寝てしまうと深夜を過ぎても目がギラギラで眠れない(笑)

「絶対に寝過ごしたくない!」

わたしが考えたのが、今回ご紹介した HUAWEI Band 6 の活用でした。

こんな方におススメです!

  • 子供の寝かしつけで、いつも寝落ち…
  • 寝落ちすると、そのあと全然眠れない
  • 夜はやることがいっぱい!忙しい
  • 手頃で役立つスマートウォッチが欲しい

使えば使うほど、どんどん便利な機能に気づかせてくれる HUAWEI Band 6。

スマートウォッチデビューにも、寝落ち対策にもおススメです ^ ^

 

週末限定タイムセール中!

PR

  • この記事を書いた人

Sango

沖縄で暮らすアラフォーママ・Sangoが運営するブログです♪小4女子と5歳男子の子育て中で、バッタバタの毎日…自分の事をつい後回しにしていたら、いつの間にか髪もお肌もパサパサでした…ホッと一息、自分の時間を作りたい!と、時短でキレイになれる方法を模索中です!産後疲れやダイエット、乾燥肌・敏感肌向けの情報発信中♡

-健康, 子育て

© 2022 35beauty